引越し代金を安くする方法

4月から進学や就職、転職などで、新しい場所で生活を始める人が多くなります。
だから、日本では2月から3月、一年中で代金が一番高い時期になります。
そして、需要が集中する事になり、引越し代金が普通の3割増しぐらいになってしまったりします。
だから、平日にするとか、午後からにするなど、工夫次第で引越し代金を安くする方法はまだまだあります。
また工夫の仕方で、他に重要なのは見積もりの取り方です。
複数の業者から見積もりを取って、値段とサービスを比較して決定するべきです。
その複数の業者に見積もり依頼をするのも、イチイチ電話したりするのは手間なだけです。
便利なのが、専用のサイトを使う事です。
それでも、繁忙期はなかなか予約が取れなかったりします。
そのため、もし単身赴任などで引越し荷物が少ない場合なら、赤帽など小口荷物専門の業者に頼む方法があります。
利点として費用が格安で済みますが、注意点もあります。
基本的に配送業者なので、肝心の家の養生が不可能です。
また、冷蔵庫など大物は不可能となります。
そのため、荷物の個数が少量でも、中に大物が含まれている場合、引越し業者の単身パックの方が良い場合もあります。
大物は処分して現地で新たに購入する方法もあります。そうすれば、配送業者でも可能になります。
だから、急な場合は仕方ありませんが、出来るだけ色々な場合を調べて、利用したいものです。