九紫火星の人の引っ越しでの吉方位は?

よく引っ越しを検討する際に吉方位や凶方位を気にする事があります。
吉方位はその年によって、細かく分けると月にも変わるのです。
この方位は何を元に出しているのでしょうか?

九星気学を元に出しているのですが、その人の生まれた年によって本命星、生まれた月によって月命星の九星と干支と五行を組み合わせています。
運勢を判断する方位盤は月と年であり、中心と八方位で表しているのです。

九星には一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星に分けられています。

その年によって、全ての九星において共通する凶方位もあるのです。
2017年においては「南」の方位は五黄殺で凶方位になっています。
また、その反対の「北」は暗剣殺と呼ばれ大凶方位とされているのです。
2017年は酉年なので、その干支の方位である「西」は大歳と呼ばれて吉方位となり、その反対の「東」は歳破と呼ばれて、これもまた凶方位とされています。

吉方位は仕事、人間関係や家庭での運気が上がるとされているので、引っ越しや旅行先に良いと言えます。
また、凶方位には出来るだけ自分の意志では赴かない方が良いでしょう。

また、九星によって吉方位も異なります。
その中で使われる方位盤には日盤、月盤、年盤が使用されて2泊以内での旅行では日盤が影響するのですが、それ以上の日数になる引っ越しなどでは、月盤や年盤を軸に吉方位や凶方位を表して、またその人がその方位に移動するのに最適な月を占うので、方位と引っ越しの時期の参考にされると良いでしょう。
その年に移動するのであれば、知識の一つとして調べてみる事も良いのかもしれません。

では、例として九紫火星の人が引っ越しをするのに良い方位を調べて見ます。
この時に2017年度は旧暦で考えるので2017年2月4日から2018年2月3日が2017年と考えて行きます。
2017年の年盤は中心に一白、真北が六白で時計回りに四緑、八白、九紫、五黄、七赤、三碧、二黒となっています。
皆に良いとされている西は三碧で、九紫の方位は南東にあります。
この方位は本命殺と言われ凶方位、また反対の北西は大本命殺で大凶方位です。
九紫火星の人に相性が良い方位は、北西、西、北東、東ですが、東は歳破で凶方位とされ、北西は大本命殺で凶方位となります。
よって、吉方位は「西」と「北東」で吉でも凶でもない方位は南西と言えるのです。
年ではその方位ですが、その月によって吉方位に引っ越しをした方が良い日があります。
「吉日」と言われるのですが、曜日の折り合いがつけば、その吉日に引っ越しをする事も勧められます。
仮に凶方位への引っ越しになっても対処法もあるので、気持ちよく住んで居られれば良いのではないでしょうか。

引っ越しを比較するのに、業者だけではなく、引っ越し先の方位を考えるというのもあるんですね。
その辺りも理解して作業をしてくれる引っ越し業者が見つかるといいですね。

引っ越し時のトラブル

評価が高いクロネコヤマトの引っ越し社ですが、料金は一人暮らしの引越しで36,000円かかるそうです。
お任せ便と言って、荷造りも手伝ってくれるプランでは、4人家族の引っ越しで23万円かかったそうです。
急な引っ越しだったので、助かったそうですが、荷造りの際に所持品を雑に扱われ、壊されたそうです。
真摯に謝ってもらえれば、許していたのに、作業スタッフの対応が悪く、裁判になったケースもあるそうです。
このようなケースは稀ではなく、引越し業者等のトラブルは結構おこることごあるそうです。
見積もり以外の追加料金がかかったり、物の損失や、新しいマンションへの傷等のトラブルがあるそうです。
トラブルを回避するためには、依頼するときに口頭での約束だけではなく、見積もりの際にすべての内訳を見積書に記載してもらう事が大切です。
個人経営の引越し業者等は評判が下がってしまえば、お客さんがいなくなるので、トラブルは割と少ないようです。
料金が大手引越し業者とそれほど変わらないのであれば、個人経営の引っ越し業者に頼むのも良いですね。

引っ越しの単身パックはどれくらい入るの?

現在一人暮らしの引っ越しには単身パックが安く便利です。
しかし一体荷物はどれくらい入るのでしょうか?
単身パックを利用した際の荷物は、縦に細長いキャスター付きのラックに収納されます。
どれくらい入るのかと言うと布団や冷蔵庫、カラーボックス、そして段ボール箱4つほどです。
ベットやこたつ、ドラム式の洗濯機などの大きな家具は単身パックには積むことが出来ません。
生活に必要な最低限のものが入るようになっているので、引っ越しの回数が多い人や物の少ない人に単身パックは向いています。
またテレビなどの精密機器は場合によっては補償付きの別料金で運ばれることがあります。
さらにラックからはみ出した荷物や、荷物の内容からこれ以上積めないと引っ越し業者が判断した場合に積みきれなかった荷物もその都度別途料金が加算されますが、一緒に運んでくれます。
押しこめば入るというような隙間でも引っ越し業者は荷物の安全を最優先にするため、積ませてくれないということがあります。
そのため一度引っ越しの荷物を整理した後、引越し費用の見積もりの際に、利用する引っ越し業者を選ぶだけでなく、どのくらいの荷物があるのか、その引っ越し業者の単身パックはどれくらい入るのか確認することが必要です。

引っ越しをマンションに、最初は友達と

私は最近、マンションに住むことになりました。
だけど、友達が家を探していてなかなかないので、一緒に住ませてほしいと言われたんです。
私が広いところにしたのには理由があるんですよね。
私服を作るのが大好きで、それで服を作るのに家を替えたくてそうしたんです。
でも、引っ越しをマンションにするのも大変。
めっちゃいろいろ悩んだから大変です。
だけど、ちゃんと引っ越しを調べたら安いところとかもあって、そこにしようかなって思っていました。
でも、友達が「ちょっとだけだから住ませて」なんて言ってくるものだから。
どうしたらいいかなって困っていました。
「お金もちゃんと払うし、少しだけ」って言うんです。
だから、「引っ越し代とかも大丈夫なの?」って聞いたら、「安いところに頼むから大丈夫」だって。
引っ越しをマンションにっていう決断も、私の中ではデカかったから。
友達が来るのも悩んでしまいます。
でも、色々手伝ってくれるみたいだし。
結構。器用なんですよね。
だから、確かに私も楽しいところはあるかもしれないし、いいかもって思ったり。
でも、色々考えると、どうしたらいいのかって悩んでしまうんですよね。

ボックスに入らないのに、自転車をあきらめない引っ越し単身パック。

友達が引っ越し単身パックに西濃運輸を使った理由が愛用の自転車のためでした。
折りたたみぐらいでないと普通は単身パックに入れることもできませんよね。
しかし、西濃運輸だけは入らないのに入れてくれる引っ越し単身パックなんだといいます。

単身パックのサービスでありながらかなりの割引といえることではないでしょうか。
だってボックス外になるものでありながら別費用になることはありません。
ボックスを2つ満タンにしても、自転車を入れることができる単身パックは西濃運輸の強みですよね。

それも西濃運輸なので、シーズン関係なく安い単身パックということがあります。
単身パックだけでいえば、運輸業者に限定して比べるもありだといえるようです。
引っ越しが専門でないだけで、サービスと割引としては問題になりようもないでしょうし。

あとは単身パックが使えるエリアもほとんど気にしなくていいのが西濃運輸といえます。
どんなにいい引っ越し単身パックがあっても使えないのではその業者が便利とはいえないでしょうから。
西濃運輸なら地元で見つけた自転車をあきらめることもなく単身引っ越しできますよ。

急ぎの引っ越しの場合に使えるサイト

私の主人の会社では転勤があります。
転勤を言われたら、1週間後には次の転勤先へ引っ越しをしなければなりません。
急に言われて、引っ越しなんて…と思いますが、今まで転勤を言われた人はそれに従ってしているようです。
しかも、引っ越し費用は自腹です。
主人の同期の方も先週、転勤の命令が出され、昨日、鳥取に引っ越ししていきました。
主人もいつ、転勤を言われるか分からないので、急ぎの場合でも引っ越しをしてくれる引越し業者を探しておきたいと思います。
早く引越ししたいし、安く引っ越ししたい!そんな時は一括見積もりをすると良いそうです。
→ 『引っ越しを急ぎでしたい!即日対応可の業者探しなら一括見積もり』
その中でもズバット引っ越し!!と言うサイトがいいそうです。
条件を入れて、見積もりをすると、都合の良い業者から、すぐに連絡があるそうです。
今日、明日すぐに引っ越ししたい場合はこのサイトで見積もりを出してもらうのが良さそうです。
このサイトを使った人の口コミを見てみると、ダメ元ですが、当日引っ越しで申し込んでみると、なんと5社からも連絡があったそうです。
しかも、5社で比較できるので安いところで契約し、20,000円で引っ越しができたそうです。
当日でもお安く引っ越しできることがわかったのでよかったです。

複数の見積もりで引っ越し業者比較!

引っ越しする場合にはほとんどの人が引っ越し業者に依頼すると思いますが、引っ越しはそんなに多く利用する事ではないので引っ越し業者選びで迷っている人も多いと思います。
引っ越し業者選びのポイントは様々ですが、料金の安さは重要なポイントですよね。
しかし、引っ越しは安ければいいという事ではないので、安くてもサービス内容が良い業者を選ばなければなりません。
安くてサービス内容が良い引っ越し業者を探すには、複数の引っ越し業者に見積もり依頼する必要があります。
複数の見積もりがあると引っ越し業者比較をすることができますし、引っ越し業者によって料金やサービス内容は異なるのです。
1社だけの見積もりでは高いのか安いのか判断することができないので、見積もりを取るなら複数社の見積もりが必要になるのです。

複数の引っ越し業者から見積もりを取るのは面倒に感じる人が多いと思いますが、簡単に複数の引っ越し業者から見積もりを取る方法があります。
それは引っ越し一括見積もりサイトです。
必要事項を入力するだけで、複数の引っ越し業者に見積もり依頼をすることができます。

引っ越しの見積もりって重要?

今まで何回か引っ越しをしていますが、いつもこの会社、と決めてお願いしています。
何社か比較したほうがいいっていいますけど、見積もりにきてもらうのが面倒なんです。
それにうちが一番懸念しているのが、その中から1社に絞ること。
つまり1社に決めて、ほかの会社に断りをしなければいけないことです。
すんなりと引き下がってくれるところばかりだったらいいけど、結構ねばられるらしいんですよね。
そしたらまた意志が弱いからじゃあやっぱりこっちに、とかふらふらしてしまいそうなんですよね。
それに即決をせまる会社が多いというし。
そういうことをいろいろ聞いてしまって、複数の業者に見積もりをしてもらうのを躊躇してしまうんです。
複数の業者に見積もりしてもらったほうが値段が下がるのはよくわかっているんですけどね。
だけど、引っ越しってそんなにしょっちゅうするものでないし、自分たちが思っている予算の範囲でやってもらえるのだったら、それはそれでいいのかな、って。
そんな考えだから、我が家にちっともお金がたまらないんだろうね。
だけど人に強く言えない性格のものにとっては、断るとかいうのはすごくハードルが高いんです。

引越し代金を安くする方法

4月から進学や就職、転職などで、新しい場所で生活を始める人が多くなります。
だから、日本では2月から3月、一年中で代金が一番高い時期になります。
そして、需要が集中する事になり、引越し代金が普通の3割増しぐらいになってしまったりします。
だから、平日にするとか、午後からにするなど、工夫次第で引越し代金を安くする方法はまだまだあります。
また工夫の仕方で、他に重要なのは見積もりの取り方です。
複数の業者から見積もりを取って、値段とサービスを比較して決定するべきです。
その複数の業者に見積もり依頼をするのも、イチイチ電話したりするのは手間なだけです。
便利なのが、専用のサイトを使う事です。
それでも、繁忙期はなかなか予約が取れなかったりします。
そのため、もし単身赴任などで引越し荷物が少ない場合なら、赤帽など小口荷物専門の業者に頼む方法があります。
利点として費用が格安で済みますが、注意点もあります。
基本的に配送業者なので、肝心の家の養生が不可能です。
また、冷蔵庫など大物は不可能となります。
そのため、荷物の個数が少量でも、中に大物が含まれている場合、引越し業者の単身パックの方が良い場合もあります。
大物は処分して現地で新たに購入する方法もあります。そうすれば、配送業者でも可能になります。
だから、急な場合は仕方ありませんが、出来るだけ色々な場合を調べて、利用したいものです。

引っ越しを単身で身軽に行うには

江戸に住む庶民は、気軽に引っ越しを単身でしていた、というイメージがあります。

それは多分、持っている物が少ないから。

落語で「粗忽の釘」というハナシもあるように、風呂敷一枚で包めるくらいの荷物で済むなら、気軽に住まいも替えやすい。

なぜ、そんなに荷物が少なくて済むかといえば、必要な時に道具屋で古道具を購入したり、損料屋と呼ばれる生活用品をレンタルして、引っ越しとなれば再び道具屋で売り、レンタルしていたものは返せば済むから。

住まいももちろん長屋だから賃貸だし、この世は借りの宿って意識が強かったのかな。

火事も多かったから、ヘタに所有するよりも借りているほうが気楽っていうのもあるのかも。

江戸は男女比が7対3で、圧倒的に男性が多かったそうですよ。だから、大半の男の人はおひとり様だったんだって。

そのせいか、屋台も多いし、振り売りも来るし、ある意味、ファストフードが充実していたんですね。

荷物が増えるといくら引っ越しが単身でもおっくうになってくるもの。最初っから荷物を持たないのが身軽に動けるコツかぁ。だから、江戸時代には引っ越し業者という職業はありえないね。